イルカが歌う「北の宿から」

阿久悠さん楽曲 豪華13組共演が実現!(芸能) ― スポニチ Sponichi Annex ニュース

07年に他界した戦後最大の作詞家阿久悠さん(享年70)の名曲をフォーク歌手たちがカバーしたトリビュートアルバム「歌鬼2~阿久悠VSフォーク~」が2月4日に発売される。イルカ(58)の「北の宿から」など全13曲の驚きの組み合わせが実現した。


イルカさんが、演歌の名曲「北の宿から」をカバーするそうですよ!
(情報感謝!>こあらさん)

阿久悠:追悼盤「歌鬼」第2弾 イルカの「北の宿から」などフォーク歌手らが参加 - 毎日jp(毎日新聞)

イルカさん(58)は「名曲がたくさんあり過ぎて、本当に選ぶのに苦労して、最後の最後に詞も曲もすべて絶品だと『北の宿から』に決めました。歌ってみて『やはり!』と思いました」と話している。


アレンジ担当は、石川鷹彦さん。歌も演奏も楽しみです!

10月27日イルカさんのレコーディング - 阿久悠プロジェクト・プロデューサー/山崎一稔のブログ

イルカさん曰く「カキーン」も入りました。
(石川さんのギターを語る時に欠かせない奏法なのですが、イントロの頭に入ってます)

「石川鷹彦編曲」にふさわしいオケが出来上がりました。パチパチパチ

イルカさんの歌入れは、数テイクで終わり(速っ!)

都はるみさんの「北の宿から」は東北のイメージなのですが
今回のイルカさんバージョンには東北のイメージがない。
どこか?と言われると困るのですが、あえて言うなら「ニューオリンズの北端」



歌鬼2~阿久悠vs.フォーク
歌鬼2~阿久悠vs.フォーク
歌鬼2~阿久悠vs.フォーク(2枚組スペシャルエディション)
歌鬼2~阿久悠 vs.フォーク~ - Nayutawave Records(公式ページ)
[ 2009/01/20 01:21 ] 関連情報 | TB(0) | CM(0)

中森明菜、「22才の別れ」「雨の物語」をカバー


フォーク・ソング~歌姫 抒情歌~(初回盤A)(DVD付) [CD+DVD] [Limited Edition]


あの中森明菜さんが、クリスマス・イブの12月24日、70年代フォークソングのカバー集をリリースします。

1. わたしは泣いています
2. 「いちご白書」をもう一度
3. 雨の物語
4. さよならをするために
5. 想い出まくら
6. 22才の別れ
7. 冬が来る前に
8. 無縁坂
9. 時には母のない子のように
10. わかって下さい
11. 恋

ご覧のとおり全11曲、どれも超名曲なんですが、その中に「雨の物語」と「22才の別れ」が収録されてまして。知ってか知らずか、伊勢正三作品が2曲も!この選曲はナイスと言わざるを得ない!

ややこしいことにこのCD、5種類のバージョンがありまして、初回盤Aが、プロモーションビデオを収録したDVDつき。初回盤B, C, Dと通常盤が、DVDなしのジャケット違い。でもなぜか、現在アマゾンでは初回盤Aだけが割引されて他より安いんですよねー。購入の際は気をつけて!

Xマスイブにリリース明菜が歌う70年代フォーク (ZAKZAK)
[ 2008/11/19 23:46 ] 伊勢正三 | TB(0) | CM(0)

エンカのチカラ

著名演歌歌手によるジャパニーズポップスのカバーを収録したコンピレーションアルバム『エンカのチカラ』2タイトルが、12月3日にリリースされます。

『エンカのチカラ SONG IS LIFE 70'S』には、島倉千代子さんが歌う「神田川」を収録。でもこれって、既存のニューミュージック/J-POP作品のカバーを集めた企画盤みたいなので、目新しさはまったくなさそうです。

ナタリー - 吉幾三、都はるみ、八代亜紀他がJ-POPを大胆カバー
[ 2008/11/06 23:38 ] カバー作品 | TB(0) | CM(3)

やなわらばー「海岸通」

凪唄沖縄県石垣市出身の女性デュオ“やなわらばー”のアルバム『凪唄』(2008/9/17発売)は、海・空・自然をテーマにしたカバーアルバム。「涙そうそう」「TSUNAMI」「島唄」といった名曲に並んで、「海岸通」が収録されています。最近は正やんの作品で、「海岸通」がよくカバーされますね!

公式サイトで全曲試聴できます。三線をフィーチャーした、やなわらばー風アレンジで、ハモリまくりの「海岸通」。清らかなハーモニーが新鮮で、なかなかいいですよ!

PVの写真②-やなわらばーBLOG(「海岸通」プロモ映像の撮影風景)
[ 2008/10/05 15:38 ] カバー作品 | TB(0) | CM(0)

川野夏美「海岸通」

「海岸通」が観光イメージソングに」で紹介した、川野夏美さんが歌う「海岸通」(1分20秒)が、試聴/ダウンロード可能になってました!(2ヶ月前には聞けてたみたいなので、今さらですが・・・)

日豊海岸観光振興プロジェクトイメージソング「海岸通」(日豊通信 Rias)

川野夏美さんのブログによると、8月15日の「伊勢正三 LIVE in 逗子 at 音霊」を見に行って、川野さんと同じ大分県津久見市出身で「海岸通」の提供者・正やんと初対面を果たしたそうです。

2008年8月 - ♪川野夏美日々日記♪

お話させて頂いている中で、伊勢さんが自然に大分の言葉を使われた時、
それから「夏美ちゃんは津久見のどこなの?」と訊かれて私が答えると「ああ!じゃあ2中(第二中学校のことです)だね」
と言ってくださった時、

あぁ伊勢さん、ほんとうにほんとうに津久見のひとなんや~って思いました(^o^;

いえ、この期に及んで疑ってたわけではもちろんないのですよ!?(◎_◎;)
お会いできて、津久見のかたなんだと感じられたことがなんだか嬉しかったのです。
優しくて、とてつもなくかっこいいかたでした!



夜桜しぐれ
夜桜しぐれ
[ 2008/09/08 12:18 ] カバー作品 | TB(0) | CM(0)

「海岸通」が観光イメージソングに

大分県南観光の振興を目的として、「海岸通」がイメージソングに採用され、作者である伊勢正三さん自身の紹介で、津久見市出身で日本クラウンの歌手、川野夏美さんが、佐藤準さんのニューアレンジで歌っています。CDリリースの予定はないそうです。

県南のイメージソング制作(TOSテレビ大分)

県南出身の伊勢正三さん作の曲を同じく県南出身の女性歌手が歌います。川野夏美さん。伊勢正三さんと同じ津久見市の出身でレコード会社の後輩です。県や県南3つの市などでつくる日豊海岸ツーリズムパワーアップ協議会が、伊勢さんの紹介で今回、依頼しました。


↑川野さんが歌う「海岸通」が流れ、正やんの映像も映ります。

川野夏美さん:30年前の名曲「海岸通」カバー 県南イメージソング誕生 /大分 - 毎日jp(毎日新聞)

 販売予定はなく、県南の祭りや観光行事の際にかけられるほか、6月28日に佐伯市で予定される東九州道開通のステージイベントで川野さんが熱唱。同協議会のホームページhttp://www.nippo-lias.com/で近く無料ダウンロード出来るようになる。



海岸通 - ♪川野夏美日々日記♪

津久見ご出身の伊勢正三さんと同郷というご縁で、県のかたからお話を頂き、先日レコーディングさせて頂きました。
イルカさんの「海岸通」をアレンジされたアレンジャー&プロデューサーの佐藤準さんが、私のために新たにアレンジしてくださった、川野夏美バージョンです。
原曲より少しポップに、また、ピアノの旋律がとても美しく、せつなく・・・、素晴らしいアレンジです!!!



川野夏美さんがカバー「海岸通」(日豊通信 Rias)
川野 夏美(日本クラウン)
利尻水道
[ 2008/05/17 16:07 ] 伊勢正三 | TB(0) | CM(2)

正やん関連リリース(猫ほか)

precious~かけがえのない人~
precious~かけがえのない人~』 yu-uブログ) 3/5発売
1. キミと...(「たけしの誰でもピカソ」エンディング曲)
2. Please believe in me
3. awake
4. Dear ~きみにあえたこと~
5. ささやかなこの人生
6. なごり雪 (ギター:伊勢正三)

猫5
猫5』  3/26発売
1. 雪
2. Namida(作詞:及川恒平/作曲:伊勢正三)
3. 地下鉄にのって
4. マリン酒場
5. 常春
6. 各駅停車
7. さよなら僕はきまぐれ
8. 時の贈りもの
9. 渚に残したもの
10. サンフランシスコ・ベイ・ブルース
11. ウタヲウタウ
12. カフェ・マンゴスチン
13. 花吹雪桜一家と申します
14. 涙
15. コスモス
16. たどり着いたらいつも雨降り
※2005年9月にリリースされた同名のアルバムに、6曲を追加して、フォーライフ・スペシャル・エディションとして発売。
ニューミュージックの元祖、あの“猫”が復活 / BARKS NEWS
猫インタビュー記事(SENIOR DREAM PROJECT)
猫5 FOR LIFE SPECIAL EDITION:猫が眼を覚ました by 常富喜雄:So-net blog

友よ!~あの出発ちを“青春”と呼ぼう~
友よ!~あの出発ちを“青春”と呼ぼう~』 クミコ公式サイト) 3/19発売
1. ブラボー!(新曲)
2. 東京(マイ・ペース)
3. 熱き心に(小林旭)
4. 制服(吉田拓郎)
5. 大阪で生まれた女(BORO)
6. 旅立ち(松山千春)
7. あの唄はもう唄わないのですか(風)
8. 裏切りの街角(甲斐バンド)
9. 私はもう女です(大塚博堂)
10. 君に捧げるほろ苦いブルース(荒木一郎)
11. いつのまに…(新曲)
12. 友よ( 岡林信康、高石友也、フォーク・キャンパーズ)
※「神田川」をカバーしたこともあるクミコさんの、新しいカバー集。

中孝介のマキシシングル『』(4/9発売)に、「なごり雪」を収録。
[ 2008/02/25 00:39 ] 伊勢正三 | TB(1) | CM(1)

イルカ系・正やん作品カバーその3

ウタヂカラ~CORNERSTONES4~(初回盤)イルカ系・正やん作品カバー2題の続き。 SING LIKE TALKING佐藤竹善さんが、ソロ最新作で「雨の物語」をカバー

佐藤竹善 -ウタヂカラ スペシャル・サイト-(試聴可)

佐藤さんは、2005年のシリーズ前作でも、夏川りみさんとのデュエットで、かぐや姫の「僕の胸でおやすみ」をカバー(夏川りみ『RIMITs ベスト・デュエット・ソングス』にも収録)。今回は、伊勢正三さんがイルカさんに提供した「雨の物語」(1977年)ってことで、さすが私と同世代、いいとこ突いてきます。

中学生の頃、「ビートルズの『のっぽのサリー』が、リトル・リチャードのカバーだったと知って驚いた」という原体験を持つ佐藤竹善さん。最近の国内音楽界は、ちょっとしたカバーアルバムブームですが、それよりずっと前からカバーに取り組んできている佐藤さんのカバーは、選曲、アレンジともに一味違います。AOR調「雨の物語」もいいですね!

それから、夏川りみさんもニューアルバムで「なごり雪」をカバーするそうです。まぁ「なごり雪」はカバーされすぎの印象もありますが……正やんの名曲が、実力のあるシンガーに認められ、歌い継がれていく。これは、ファンにとっても喜ばしいことですね?
[ 2007/11/10 22:26 ] カバー作品 | TB(0) | CM(0)

赤ちょうちん/ピース

鳴りやまぬあのメロディー今週の「週末はログハウスで」のゲストは、ピースという博多在住の、19歳と15歳の若き兄弟デュオ。10月31日にリリースされたばかりの、彼らの最新マキシシングル「鳴りやまぬあのメロディー」には、なんとかぐや姫のカバー「赤ちょうちん」がカップリングされています。

ピース|PEACE Official WebSite
メンバー:山下恭信(19歳)、山下恭長(15歳)

ピースの日常とその歩み » 東京での活動。(こうせつ&ピースの写真あり)

今年9月9日のアスペクタ音楽祭では、飛び入りで参加し、こうせつさんと「加茂の流れに」を演奏しています。博多でラーメン屋を営んでいた彼らの父親(山下恭弘さん:昭和36年生まれ)は、若い頃にやはり音楽をやっていて、かぐや姫や吉田拓郎やNSPも好きだったそうで、ピースの二人はその影響を受けて育ったみたい。彼らの音楽も、70年代フォークそのもの。

シネマドリームピースの日常とその歩み(ピースの旧ブログを「かぐや姫」で検索した結果)

十代の二人が、なぜ「赤ちょうちん」なのか?

兄の恭信くんいわく、ラーメン屋の息子なので、小さい頃から赤ちょうちんには愛着があり、二人だけで屋台へ行って、お金のない時にはキャベツをもらってそればかり食べていたこともあるそうな。おいちゃんも、これには納得!めんたいロックならぬ、とんこつフォークの登場です!
[ 2007/11/04 21:03 ] カバー作品 | TB(0) | CM(0)

イルカ系・正やん作品カバー2題

花の首飾り(初回限定盤)(DVD付)イルカが歌った正やん作品のカバーを2つ紹介します。

ひとつめは、韓流スター リュ・シウォンさんの、今月発売された最新シングル「花の首飾り」は、カップリング曲として「なごり雪」を収録。

こちらこちらのリンク(←両者では試聴できる範囲が異なります)などで試聴可能ですが、やはりベースはイルカのバージョンでした。

「花の首飾り」(タイガース、1968年)に「なごり雪」(1975年、イルカ)って、ターゲットの年齢層が高いのかなぁーと思ったりしました。

そして、もうひとつのカバー曲。
こちらは正やん自身もほとんど歌ったことのない、非常にレアな作品なんですが・・・
[ 2007/10/22 02:39 ] カバー作品 | TB(0) | CM(3)