スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パンダフル・ハウスもCD化!

settledown.jpg

Settle Down +6

先日お伝えした『旧友再会フォーエバーヤング・コンサート・ライブ +3』と同じく2013年2月20日に、日本コロムビアからリリースされたパンダフル・ハウスのセカンドアルバム『Settle Down』が発売されます!

ユーミンが作曲を担当した意欲作「風ぐらし」を収めた1979年のアルバム。こちらも、オリジナルLPの10曲に、パンダフル・ハウスのシングル3作のA面・B面をボーナストラックとして追加して「+6」で、全16曲入り。

パンダさん関連のCD音源は、CD22枚組ボックス『メンバーズ大全集』に入っていた山田パンダソロアルバム2作などがありましたが、パンダフル・ハウス音源のCD化は今回が初めてではないでしょうか?
(追記:シングル「風ぐらし」は、オムニバス盤CDに収録されたことがあります)

とにかく、ここまでやってくれたら、かぐや姫ファンとして日本コロムビアさんには文句のつけようがありません。これに対抗して日本クラウンも、前期パンダフル・ハウスの音源などを復刻してほしいものです。
スポンサーサイト
[ 2012/12/28 01:21 ] 山田パンダ | TB(0) | CM(0)

『旧友再会フォーエバーヤング・コンサート・ライブ』のCDが発売!

foreveryoung.png

旧友再会フォーエバーヤング・コンサート・ライブ+3

1. 旧友再会フォーエバーヤング 2. 岬めぐり 3. 僕の胸でおやすみ 4. そして9月 5. 黄色い船 6. 雪(猫) 7. 僕の庭(猫) 8. 地下鉄に乗って(猫) 9. 猫の寝言(高田渡) 10. 落陽 11. 旧友再会フォーエバーヤング
ボーナストラック:12. 林檎の樹 13. 伽草子 14. まにあうかもしれない

日本コロムビアより、“山本山田”の『旧友再会フォーエバー・ヤング・コンサート・ライブ』が、2月20日リリース予定。

「旧友再会フォーエバーヤング」は、2006年つま恋コンサートのオープニングで、吉田拓郎とかぐや姫が一緒に演奏した曲ですが、これは元々、山田パンダと山本コータローのユニット“山本山田”のために拓郎さんが書き下ろした作品で、1982年6月1日にシングル発売。のちに、拓郎さん自身もセルフカバーしています。

山本山田のシングル発売を記念して、1982年6月に渋谷エッグマンで開催されたのが、旧友再会フォーエバー・ヤング・コンサート。このイベントに参加したミュージシャンは、以下のとおり。

南こうせつ、伊勢正三、ふきのとう、石川鷹彦、小室等、久保田早紀、イルカ、なぎら健壱、高田渡、かまやつひろし、杉田二郎、猫、BUZZ、アルフィー、杏里、吉田拓郎

この豪華メンバーによるライブ音源の一部が、1982年12月にLPとしてリリースされました。そのアルバムが、30年の時を経て、CDで復刻!!

しかも、貴重なボーナストラックつき!

パンダフルハウス解散後も日本コロムビアに在籍していたパンダさんが、1981年10月1日にソロ名義で出したシングル「伽草子 / まにあうかもしれない」(いずれも吉田拓郎のカバー)。さらに、1982年6月1日に発売された山本山田のシングル「旧友再会フォーエバーヤング」のB面曲「林檎の樹」の、合計3曲が追加。これで「+3」とゆーわけです。

心憎いばかりの復刻音源リリース。日本コロムビアさんに感謝!
この頃の作品は持ってないので、私もとても楽しみです!o(^▽^)o
[ 2012/12/17 04:11 ] リリース情報 | TB(0) | CM(0)

パンダさんのインタビュー記事も連載開始!

panda_schooldays.jpg読売新聞の「青春グラフィティー」と題したインタビュー記事、正やん、そして前回のこうせつに続いて、山田パンダさんも登場です!

曲を書いた、プロデュースもした。そして今…山田パンダさん(1) : 青春グラフィティー : 生き方!私流 : 新おとな総研 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

成績は首席、生徒会長もこなしてモテモテだったという中学時代に続いて、あの「こもれ陽」は、高校時代の失恋から生まれた作品だったというエピソード。

「高1の女の子に憧れて、筑豊から山を越えて福岡のスケートリンクに彼女を誘って、当日は朝からそわそわドキドキで、待ち合わせのバス停に行ったら、待望の彼女は来てくれたけど弟も一緒だった。もうがっかり。彼女と手をつないでスケートしてるけど、弟が常に付いてくる。『山田さんは友達以上ではない』って言われたの」



福岡のスケートリンクって、香椎スポーツガーデンかなぁ?
嘉穂劇場でのふるさとライブ(2006年)でも、そんな話を聞いたような。でもすっかり忘れてた。

こうせつさんの記事も、大変興味深いネタが多かったので、今回のパンダさんも楽しみです。
[ 2012/03/02 23:32 ] 山田パンダ | TB(0) | CM(0)

パンダさん佐世保で講演

なんと山田パンダさんが、地元・佐世保市で講演会!

───ということを、あろうことか当日前夜に知りまして(笑)、行ってきました、佐世保市民会館!

山田パンダ日和 : いのちを見つめる講演会

佐世保市教育委員会主催・いのちを見つめる講演会
「地域の風通し~山田パンダの社会ウォッチング~」
panda_sasebo.jpg
6月は「いのちを見つめる強調月間」です。

佐世保市民会館では、1970年代にも、かぐや姫としてステージを行ったはず。

ジーンズに、白いジャケットといういでたちで颯爽と登場したパンダさん。約1時間半、熟練の話術で、終始なごやかな雰囲気。ご当地ネタや、自身の経験談なども交えながら、楽しいと同時に、いろいろと考えさせる公演でした。あの事件から、5年が経ちました。

  • 子供たちの目線で、子供たちの話を聞いてあげましょう。
  • 子供たちが希望を持てるよう、大人は自分たちの得意分野をアピールしましょう。


パンダさんは2日前から佐世保入りして、地元の絶景ポイントである弓張岳展海峰を訪れたご様子。(当初の週間予報では、今週後半はずっと雨の予報だったにもかかわらず)幸運にも梅雨の晴れ間が重なって、佐世保のいい景色を満喫できたみたいでなによりです。

パンダさん、また来てね。次回はぜひ、コンサートもお願いします!
[ 2009/06/27 18:00 ] 山田パンダ | TB(0) | CM(2)

キヨシロー逝く

HARD FOLK SUCCESSIONロックスター忌野清志郎さんがんで死去

パンダさんのリードボーカルで『はじめまして』に収録された「あの唄が想い出せない」(作詞:忌野清志郎/作曲:武田清一)を、かぐや姫に提供したのが忌野清志郎さんでした。

山田パンダさんの記憶によると、かぐや姫がファーストアルバムを制作すると聞きつけた清志郎さんが、青い森(渋谷・宮益坂の音楽喫茶)の楽屋で「僕が作った歌を、ぜひ歌って頂きたい!」と売り込んできたそうな。

この曲は、『はじめまして』のリリース後、RCサクセション自身によってセルフカバーされています(右の画像のリンク先で試聴可能)。

告別式は、5月9日(土)13時から東京都青山葬儀所にて行われ、当日は一般のファンの弔問も受け付けるとのこと。我等のロックスターよ、永遠に!
[ 2009/05/02 00:51 ] 関連情報 | TB(0) | CM(2)

風船DVD

昨年5月に、こうせつ・正やん・パンダさんたちの協力を得て結成40周年記念アルバムを発売した、五つの赤い風船。同じく2007年5月に開催された、結成40周年コンサートの模様(2007年7月、SKY PerfecTV!にて放映)がDVDでリリースされました!

五つの赤い風船~結成40周年コンサート~ROOTS MUSIC DVD COLLECTION Vol.18
五つの赤い風船~結成40周年コンサート~ROOTS MUSIC DVD COLLECTION Vol.18

司会になぎら健壱、ゲストに杉田二郎、山本コウタロー、山田パンダ、斉藤哲夫、中川五郎、大塚まさじ、有山じゅんじを迎えた豪華コンサート。南こうせつさんやイルカさんも、コメントで参加しています。

ちなみに、この「ROOTS MUSIC DVD COLLECTION」シリーズでは、イルカさんのDVDもリリースされています。

イルカ ライブ&インタビュー ROOTS MUSIC DVD COLLECTION Vol.16
[ 2008/07/13 14:29 ] 関連情報 | TB(0) | CM(0)

四国のパンダさん

みんなー!パンダさんも忘れるでねぇぞ!
四国新聞に、山田パンダさんのイベントの記事が載りました。

東かがわで人権イベント 山田パンダさんも登場―四国新聞社写真あり)

 東かがわ市は2日、同市馬篠のベッセルおおちで「市人権トーク&コンサート」を開催。市内の保育所や幼稚園児、児童らの音楽発表会に続いて、ミュージシャンでエッセイストの山田パンダさんが登場し、音楽を交えて講演した。

 「生命の尊さを見つめよう(大人と子ども、同じ輪の中に)」と題して講演した山田さんは、大勢の聴衆を前に▽家族や身近な人を大切にする優しい心を地域全体に広げよう▽子どもが元気になれば社会に活力が生まれる―などと語りかけた。後半には、ミニコンサートも披露した。



山田パンダ日和 : ベッセルおおちホール

3月1日には、筑紫野市文化会館(福岡県筑紫野市)で「山田パンダ トーク&コンサート」が開催予定です。
[ 2008/02/06 01:37 ] 山田パンダ | TB(1) | CM(2)

フォークの達人/イルカ

7月7日にオンエアされた「フォークの達人」(第16回)は、イルカさんが出演。1月前の6月7日、東京都渋谷のJZ Bratにて、一般応募のお客さんを招待して収録されました。

【演奏曲目】
1. 私の青空/2. 雨の物語/3. なごり雪/4. ANY KEY OK!!(with 保坂俊雄)/
5. 知床旅情/6. リムジン江/7. 風と共に(with 所太郎 & 山田パンダ)/
8. メドレー:君に贈るFOLK SONG '96~私は好奇心の強い女~クジラのスーさん空をゆく~川崎のキツネさん~君に贈るFOLK SONG '96
9. 吟遊詩人(マイスタージンガー)/10. 真冬の天使/11. いつか冷たい雨が/12. …そして今も/13. まあるいいのち/14. ラピスの丘で

Any Key OK!!【イルカパパ=保坂俊雄さん】
ジャズマンの娘として生まれたイルカは、幼い頃から音楽に興味を抱き、5~6歳で作曲を始めたという。その後、ビートルズとの出会いからロック少女へ成長。所太郎さん曰く「初めて出会った時から音楽的才能が図抜けていた」。プロのミュージシャンへの敬意を込めて、パパに捧げた曲「ANY KEY OK!!」を親子で共演した。

【シュリークス】
この番組で特別に“再結成”を果たしたシュリークスは、「知床旅情」「リムジン江(ガン)」そして「風と共に」(作詞・作曲:神部和夫)の3曲を演奏。実は、イルカ、山田パンダ、所太郎の3人が同時にグループに在籍していた時期はほとんどなく、シングル「君の生れた朝」(1971)のジャケットには4人が収まっているが、以降、シュリークスは2人組の“夫婦デュオ”となる。
[ 2007/08/08 08:08 ] 関連情報 | TB(0) | CM(0)

シュリークスの音源、復刻!

ふるさと(紙ジャケット仕様)先ごろ亡くなった神部和夫さんを中心に、山田パンダさんやイルカさんが参加していたカレッジフォーク・グループ、シュリークスのアルバムが、8月8日に再リリースされます。(情報感謝!>長七さん)

ふるさと(紙ジャケット仕様)/シュリークス
知床旅情/コキリコの唄/緑の恋/ノーエ節/風と共に/もずが枯木で/きみまつと/防人の唄/救世主/ぼうやの見た夢/琵琶湖周航の唄/北帰行/雪の降る街を (全13曲)

上の『ふるさと』は、神部和夫&保坂としえ(イルカ)の二人による作品。それ以前の、パンダさんや所太郎さんがいた頃のシュリークスが参加しているオムニバス・ライブ盤2タイトル(下記)も、同時リリース。これらは、以前発売された『THE フォーク・コンサート 実況録音盤ロイヤルBOX』にも収録されていますが、シュリークスの演奏が収録された『ラブ・ジェネレーション・ライブ・コンサート』(1973年)は、今回のリリースに含まれない模様。

カレッジ・ポップス・インUSA(紙ジャケット仕様)カレッジ・ポップス・インUSA(紙ジャケット仕様)
1970年8月18日、米カリフォルニアで開催されたコンサートのライブ盤。山田パンダ公式サイトにも「1970年8月、アメリカ・カナダ・メキシコ・ハワイの海外コンサートツアーに出発」の記述あり。シュリークスは、「真白き富士の嶺」「ソーラン節」「さらば」を演奏。他に、北山修やロック・キャンディーズも参加。

SOSコンサート(紙ジャケット仕様)SOSコンサート(紙ジャケット仕様)
1970年12月24日、渋谷公会堂で開催されたコンサートの2枚組ライブ盤。シュリークスは「知床旅情」を演奏。ロック・キャンディーズ、ジローズ、モップス、トワ・エ・モワ、ワイルド・ワンズ他が参加。

その他のシュリークス関連作品:
イルカのうた
フォークビレッジ Vol.2 東芝EMI編 ニューフォーク集

シュリークス関連ページ:
シュリークス/イルカのうた
必聴名盤シリーズ『イルカのうた』
[ 2007/08/06 22:04 ] 関連情報 | TB(0) | CM(0)

シュリークスも再結成!

イルカさんと神部さんからのプレゼント (山田パンダ日和)

イルカさんからパンダと所さんへシュリークスを
再現してみようと言ううれしい提案がありました



第一期かぐや姫に続いて、シュリークスが再結成!?

リーダーの神部和夫さんはいませんが、イルカさん、山田パンダさん、そして所太郎さんが集結し、NHK「フォークの達人」で公開ライブを行うそうです。最終的に夫婦ユニットとなったシュリークスは、イルカのソロデビューで終結ということになると思うので、再結成は33年ぶりってことになるのかな。「私は好奇心の強い女」とか歌うんだろうか?

6月7日、東京都渋谷のJZ Bratにて。招待制ステージにつき、観覧希望の方は、5月27日までにNHKエンタープライズへFAXを。詳細はこちらで!
[ 2007/05/21 01:51 ] 山田パンダ | TB(0) | CM(12)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。