こうせつが選ぶ、ジョン・デンバーの名盤

故郷の詩ジョン・デンバーの紙ジャケが登場、セレクトは南こうせつ (CDJournal.com)

ジョン・デンバーの没後10周年を記念して、彼と親交の深かった南こうせつさんが選んだ5作品が、10月10日に発売予定です。



さらに同日、2枚組ベスト盤『エッセンシャル・ジョン・デンバー』も発売。こうせつさんが、彼との思い出を綴ったライナー・ノウツが付属するそうです。

今回の紙ジャケ再発の企画に参加されている、ジョン・デンバーの大ファン、田中タケルさんのブログを紹介します。なんと今回、こうせつさんにも会われたそうです!

こうせつさんと共闘戦線を張るのじゃ~~! (ゴンタくんフォーエヴァー!)

こうせつさんとジョン・デンバーについては、『かぐや姫クロニクル』の中でも触れられていますが、1983年、日本のテレビ番組で共演。1984年(←こうせつ公式サイトの年表は誤り)「世界湖沼環境会議」の前夜祭ステージでも共演し、交友を深めた二人は、1990年にデュエット曲「岩を砕く花のように」そして共作となる「CARELESSLY」をリリース。しかし1997年、ジョン・デンバーは、飛行機事故で帰らぬ人となりました。

どことなく風貌も似たこの二人。こうせつさんは、今でもときどき「カントリー・ロード」歌ってますよね。二人の友情は永遠です。というわけで、こうせつファンは、ジョン・デンバーも揃えましょう!
[ 2007/09/05 08:00 ] 南こうせつ | TB(0) | CM(5)