スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ギャオ再放送

2005年に収録され、パソコンテレビGyaOで配信された、正やんのライブ動画が、11月1日正午まで、インターネットで見られます!紹介が遅くなってごめん!

昭和TV:SHAKE THE MUSIC LIVE 伊勢正三

それから同じくGyaOで、こうせつさんが出演した音楽バラエティ「伊東四朗の歌謡曲100プラス」が、10月28日までの放映らしいです。明日までしか見れないけど、まだ見てない人は見てくださ~~い!

伊東四朗の歌謡曲100プラス 第一回(同じページから第二回も見られます)

関連記事:
正やん映像配信開始!
伊東四朗の歌謡曲100プラス (1)
伊東四朗の歌謡曲100プラス (2)
スポンサーサイト
[ 2007/10/27 23:18 ] 伊勢正三 | TB(0) | CM(2)

イルカの新作、11月7日リリース

あの江原氏も参加…イルカ、亡夫に捧ぐ5年ぶりアルバム - MSN産経ニュース

 シンガー・ソングライター、イルカ(56)が、5年5カ月ぶりとなるオリジナルアルバム「はるじょおん ひめじょおん」を11月7日に発売する。

 表題曲には、3月に急性腎不全で亡くなった夫で音楽プロデューサー、神部和夫さん(享年59)への想いが綴られており、「再出発のような気持ちで作った」という渾身の一作だ。



タイトル曲「はるじょおん ひめじょおん」は、夫の神部和夫さんに捧げた曲。
アルバムのレコーディングには、イルカさんと親交の深い、江原啓之さんもコーラスで参加しているそうです。

アルバム情報(クラウン公式ページ)
はるじょおん ひめじょおん
はるじょおん ひめじょおん (Amazon)

関連記事:
フォークの達人/イルカ
シュリークスの音源、復刻!

おまけ:神部冬馬くん情報!(続きを見てね)
[ 2007/10/26 08:00 ] 関連情報 | TB(0) | CM(0)

かぐや姫フォロワー?クリープハイプ

ねがいりクリープハイプ 心のひだに染み入り、震わす歌声(エキサイト・ミュージックモール)

クリープハイプってバンド、ご存知ですか?私は今まで知りませんでした。

クリープハイプは、尾崎世界観(ボーカル、ギター)、西田裕作(ベース)、美代一貴(ドラムス)のスリーピース・バンド。昨年9月に6曲入り1stマキシシンルグル『ねがいり』をリリースした。ボーカルの尾崎さん(22歳)はなんと、かぐや姫に影響を受けたという。

3人組は同じ。楽器編成もサウンドも、かぐや姫とはずいぶん違うけど・・・

EMM: そもそも尾崎君が”音楽を演りたい!!”と思ったきっかけは?
尾崎: 親が昔からかぐや姫を聴いていて、それが音楽の全てだと思っていたんです。フォークソングとかが大好きで、曲作りに関してもそれが染みついていて、そういう曲しか作れないんですよ。
EMM: かぐや姫の中でもっとも好きな曲は?
尾崎: かぐや姫の中では、いちばんマニアックな山田パンダさんのファンだったんですけど、彼の曲が好きですね。
EMM: 尾崎君はまだ22歳でしょ?そんなことを言う22歳は初めてだよ(笑)。



で、けっきょくどの曲が好きなのよ(笑)!?
とにかく興味津々。生暖かい目で見守りたい若者たちです!

クリープハイプ Official Website
[ 2007/10/26 00:13 ] 関連情報 | TB(0) | CM(2)

こうせつとヤマハギター

おとなを休む日南こうせつさんと、ジェイムス・テイラーのYou've got frinendをハモったのだった (ほぼ週刊イケヤ新聞・編集長日記ブログ)

上記ブログ経由で、ヤマハ「おとなを休む日」ホームページに、南こうせつさんのインタビュー記事(全3ページ)を発見。10月7日にオンエアされたテレビ番組、「音遊人(みゅーじん)」の関連記事でした。

僕はギターと歩き続ける 南こうせつさん(おとなを、休む日)

  • 東京へ出て最初に買ったギターは、ヤマハのFG。人に譲ってしまったが、あの音が恋しくて、今年、ビンテージを入手。
  • 1976年、ヤマハのカスタムギターを製作し、武道館で使った。
  • 500万で売ってほしいと言われたこともあるという、桜模様のハカランダ。これを目にしたジョン・デンバーも、自分のギターのポジションマークを桜で飾った。


ジョン・デンバーの「桜ギター」については、マーヤさんのブログ「始まりはいつもジョン・デンバー」で紹介されています。

ジョン・デンバーの愛用のギターと南こうせつの愛用のギター(始まりはいつもジョン・デンバー)

なお、このインタビューは、雑誌「音遊人」(10月25日頃発売)にも掲載されるそうです。今月のアコギマガジンともども、読むのが楽しみ!
[ 2007/10/24 01:21 ] 南こうせつ | TB(0) | CM(0)

イルカ系・正やん作品カバー2題

花の首飾り(初回限定盤)(DVD付)イルカが歌った正やん作品のカバーを2つ紹介します。

ひとつめは、韓流スター リュ・シウォンさんの、今月発売された最新シングル「花の首飾り」は、カップリング曲として「なごり雪」を収録。

こちらこちらのリンク(←両者では試聴できる範囲が異なります)などで試聴可能ですが、やはりベースはイルカのバージョンでした。

「花の首飾り」(タイガース、1968年)に「なごり雪」(1975年、イルカ)って、ターゲットの年齢層が高いのかなぁーと思ったりしました。

そして、もうひとつのカバー曲。
こちらは正やん自身もほとんど歌ったことのない、非常にレアな作品なんですが・・・
[ 2007/10/22 02:39 ] カバー作品 | TB(0) | CM(3)

山本コウタロー&ほぼウィークエンド

山本コウタロー&ほぼウィークエンド公式サイト

DREAM PRICE 1000 山本コウタロー&ウィークエンド 岬めぐりかぐや姫とも縁が深い山本コウタローさんが、ウィークエンドの看板を掲げて音楽活動を再開。オリジナルメンバーのコウタローさんと森一美さんに、当時はマネージャーだった見崎孝雄さん(原宿ペニーレーン店長)、そしてベーシストのオラン本柳さんが加わった4人編成。

今年の8月29日、4曲入りミニアルバム『心のままに』をリリース。そんな彼らが、10月21日の南こうせつ「週末はログハウスで」に出演しました。収録は9月13日だった模様。

今日13日はこうせつと… (公式ブログ)

メンバーとは旧知の仲だからでしょうか、番組は、終始リラックスしたムード。「こないだ広告を見ていたら、デキる男が好き!って書いてて、下着姿の女の子が天狗の面を被ってましたけど、見崎さんどうですか?」なんて質問や、「(コウタローとは)ある時は僕のライバルとなり、ある時は競合しながら生き抜いてきました!」「やめたほうがいいよ、白い粉は!」といったヤバめのトークがこうせつの口から飛び出したり、いつものログハウスとはまるで違う、深夜放送のようなノリが楽しかったです。

【トリビア】山本コウタローとウィークエンドのデビュー曲にして最大のヒット曲「岬めぐり」(1974年)は、当初、南こうせつが曲を書いた「あの日の僕でなく」(収録CD)のB面候補だったけど、レコーディング終了間際に、A面に入れ替わったそうです。詳しくは下記ブログを参照。

岬めぐり|歌謡ポップスチャンネル オフィシャルブログ
[ 2007/10/21 23:10 ] 関連情報 | TB(0) | CM(0)

アコースティック・ギター・マガジン Vol.34

アコースティック・ギター・マガジン Vol.34
アコースティック・ギター・マガジン Vol.34

10月27日発売予定の「アコースティック・ギター・マガジン」(リットーミュージック刊)の表紙は、南こうせつさん。「南こうせつ~走り続けるフォークの旅人」と題したインタビュー記事が掲載されます。

■表紙/SPECIAL PROGRAM
南こうせつ(20ページ)
1976年3月、日本人アーティストとして、初の武道館ワンマンを成功させた南こうせつ。来年の2008年1月19日、4年ぶりとなる新作『野原の上の雨になるまで』を引っさげ、こうせつが再び武道館に立つ。武道館公演への思いとはいかなるものか? そして現役であり続けるための秘訣とは? デビュー35年を過ぎた“フォーク界のプリンス”が、かぐや姫時代のエピソードを振り返りながら、自身のフォーク観、そしてアコギへのこだわりについてたっぷりと語る。所有ギター・グラフ+奏法分析などからこうせつとアコギの関係を紐解く。



(情報感謝!>ゆめきらっ☆さん)

 ジッポウ3それから、雑誌「ジッポウ」(仏教総合研究所・ダイヤモンド社刊)3号より、こうせつさんのエッセイ「友の唄が聴こえる」の連載がスタートするそうです。
[ 2007/10/14 00:00 ] 南こうせつ | TB(0) | CM(0)

南こうせつリマスター!

かぐや姫(2007年4月・5月)、(6月・7月)に続き、
南こうせつの旧作もリマスター盤発売が決定!(情報感謝!>harukaさん)

第一弾は、12月5日発売予定。


第二弾はおそらく一ヵ月後。以前のリマスター盤シリーズと同様、帯+レーベル+ブックレット+解説といった仕様になると思われますが、この年末のタイミングは、来年の武道館へ向けての布石でしょうか。

第二弾も3作品になりそうだし、シングル・コレクションは微妙?
[ 2007/10/13 02:28 ] 南こうせつ | TB(0) | CM(0)

『野原の上の雨になるまで』発売中!

野原の上の雨になるまで』が発売され、メディアへの露出がとても多かった南こうせつさん。そのプロモーション活動の中から、ネットでアクセス可能なものを2つご紹介。

まずは、産経新聞のインタビュー。
南こうせつが新アルバム 一皮むけた「つま恋の体験」 (産経) 別ページ

そして、9月25日にこうせつさんが出演した「大竹まこと ゴールデンラジオ!」(情報感謝!>森のどんぐりさん)。

お互い芸歴は長いのに、今回が初対面らしい大竹さんとこうせつさんは、実は二人とも1949年生まれ。同世代の話題に花を咲かせてました。ちなみに、アシスタントは山本モナさん。この時のポッドキャスト(音声データ配信)が、下記リンクからダウンロード可能です。17分、約8MB。前回の正やんに引き続き、文化放送に感謝!

大竹まこと ゴールデンラジオ!「大竹メインデッシュ」



雲の行く先 : できたてほやほや(長井理佳さんのブログ)

12月13日、銀座山野楽器でミニライブ開催予定。(『野原の上の雨になるまで』を山野楽器各店で購入された方から抽選で招待、11/30締切)
[ 2007/10/01 21:43 ] 南こうせつ | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。