林檎の花のジュの下で

6月25日、南こうせつの週末はログハウスでパンダさんが出演!

1月に続いて今年2回目のゲスト・パンダさん。初のCDシングル「浅草日記」のプロモーションを兼ねた出演で、「浅草日記」「林檎の花の樹の下で」をオンエア。今回も面白いエピソードが飛び出したので紹介します。

  • パンダさんと渥美清さんのコラボは、こうせつのパックイン・ミュージック(深夜放送)が縁結び。番組内で15分パンダさんが担当した「ではまた来週」コーナーで使われる「ヨイショ」というフレーズを気に入った脚本家・山田太一さんが、渥美清主演のTBSドラマ「ヨイショ」(パンダも出演)に使用→その半年後「浅草日記」の作曲依頼
  • 「浅草日記」デュエット版リメイクは、2005年春にスタッフから提案されたが、パンダさんは半年悩んで年明けにリリースを決心。
  • 「林檎の花の樹の下で」は、CDシングル用に今年書き下ろした作品。「リンゴ村から」(三橋美智也)からインスパイア?
  • こうせつは、パンダと正やんの首根っこをつかまえてグイグイ引っ張る、闘うリーダー像。井上陽水と一緒のツアーで札幌のステージはどちらがトリを務めるか、じゃんけんで決めようとこうせつが提案。しかしリーダーはじゃんけんに負け、札幌では前座に(その代わり、旭川・函館ではかぐや姫がトリ)。
  • 旅先でのいたずら。こうせつが、旅館にあった虎の皮の敷物(頭つき)を、パンダのフトンに忍び込ませた。旅館中に響き渡るパンダの絶叫。こうせつ「パンダさん、どうしました!?」パンダ「な、なんかおる!!」
  • 最後に流れた曲は、パンダ・こうせつの共作「センセーショナルバンド」。この作品はスタジオライブっぽく、1テイクで録り終えたそうな。


その他のオンエア曲もご紹介。
Amazon.co.jp:心の虹: 音楽 南こうせつ「心の虹」
Amazon.co.jp:コリーヌ・ベイリー・レイ: 音楽 コリーヌ・ベイリー・レイ「Put Your Records On」
[ 2006/06/25 10:00 ] 山田パンダ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://k3.blog5.fc2.com/tb.php/153-3dc801a4