スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

こうせつCDブック

Amazon.co.jp: 今語るあの時あの歌―南こうせつ 旅の7章: 本: 石原 信一今語るあの時あの歌―南こうせつ 旅の7章 (石原信一著 2006/8/8)

以前、かぐや姫のCDつき楽譜も紹介しましたが、CDブックって流行ってるんですかね?

さっそく購入しました。こうせつさんのインタビューを交えた、自伝的内容。生い立ちや生活、人生観、かぐや姫からソロに至る音楽活動について記されており、資料的価値も高く、個人的には『愛の塩焼き』以来の名著です。これでもう少し、ページ数が多ければね!

8曲入りCD(神田川/妹/青春の傷み/マキシーのために/夢一夜/夏の少女/幼い日に/春に想えば)がセット。こうせつさん自身による曲解説と、コードつき歌詞も掲載。
【初耳コーナー】

1977年10月、「FALL IN LOVE」ツアーの初日、パンダと正やんが飛び入り。再結成のきっかけとなる。→お宝発掘隊「スータンコレクション(1)」を参照

「夢一夜」作曲のヒントになったのは、育代夫人がピアノで弾いていたベートーベンの作品だった。(ビートルズの「Because」みたいなエピソードじゃ!)

吉田拓郎は、こうせつも、正やんも、パンダも嫌い!(でも、かぐや姫は好き)

【指摘コーナー】

35ページ:初期の第二次かぐや姫(正やん、パンダにヒゲがない)の写真を、「第一次かぐや姫」と紹介している。

40ページ:「拓郎は『僕は何をやってもだめな男です』ほか1曲をかぐや姫のために書き下ろし」…拓郎は、「マキシーのために」の編曲を担当したが、かぐや姫への提供曲は「僕だめ」の1曲のみ。

41ページ:「72年12月、かぐや姫は九段会館で初のリサイタルを開いた。」…12月は『おんすてーじ』の発売月。“かぐや姫はエロスの匂い”は、11月9日。

54ページ:「極力『赤ちょうちん』を歌わなかったのに、ヒット・チャートの1位になっちゃった」(こうせつのコメント)…オリコンチャートでは、「赤ちょうちん」の最高位は4位。
[ 2006/08/18 21:46 ] リリース情報 | TB(1) | CM(4)

BOOK

まだ、読んでいませんけど
「Dreamin'天から授かった『神田川』」
もありますね。
「無着性高」そのうち送ります。
[ 2006/08/18 23:15 ] [ 編集 ]

ひまさん:

あ、メール見てくれました?よろしくお願いします!
[ 2006/08/19 00:51 ] [ 編集 ]

私も買いましたよーもうすぐ届くはずです。
これを書いた石原信一さんは私の叔父のおいっこなんですって、読んでから手紙を書こうと思っています
[ 2006/09/15 23:38 ] [ 編集 ]

親戚!?

YASUKOはんの親戚ですって!?

それはすごい。叔父さんの甥ってことは同年代?(とは限らないか…)

どーぞよろしくお伝えください!
[ 2006/09/15 23:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://k3.blog5.fc2.com/tb.php/167-90190d90


今語るあの時あの歌、南こうせつ旅の7章

月太郎さんのところで紹介されていて、思わずポチっていたこのCDブック。(CD付の本です)届いてやっと読み終えました♪こうせつさんのインタビューを交えながら、人生を旅にたとえてのこうせつさんの今までを紹介。今回のつま恋のことに関してもふれてて、こうせつさん
[2006/09/05 14:12] URL 流れ星のしらべ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。