スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

正やん、佐伯市の歌を作曲

新しい佐伯市歌、お披露目に向け(TOSテレビ大分)
↑正やんの映像と、歌が流れます!

 津久見市出身の歌手、伊勢正三さんが新しい佐伯市の歌を作詞作曲しました。この歌のお披露目に向けて、地元の合唱団が練習に励んでいます。

 この佐伯市の歌のタイトルは「美しいのは~佐伯讃歌~」。合併後の市民が一体感を持てるようにと作りました。この歌を作詞作曲したのは、22才の別れなどの代表作で知られる津久見市出身の歌手、伊勢正三さんです。



♪桜の花を浮かべて流る
  川のほとり緑の風が吹く町


2006年に本匠小学校の校歌「水の大地」を書いた縁もあって、佐伯市(大分県)の歌を依頼したそうです。春の風を感じさせる、さわやかな曲調ですね。全部聞いてみたい!

この週末に開催される「さいき春まつり」で、佐伯市民合唱団によるお披露目があるとのこと。正やんも来るのかなー?
[ 2008/04/03 01:58 ] 伊勢正三 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://k3.blog5.fc2.com/tb.php/274-c54c4c59






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。