スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

津久見駅に「なごり雪」の記念碑

なごり雪の季節を迎えた3月12日、「なごり雪」の記念碑が、JR津久見駅構内に建てられたとのニュースです。

古里見守る「なごり雪」 津久見駅に記念碑【大分のニュース】- 大分合同新聞
伊勢正三さんの詩 刻んだ記念碑完成 津久見駅玄関口 / 西日本新聞
「なごり雪」記念碑、伊勢正三さんの故郷に : ニュース : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 歌は汽車で東京を離れる女性との別れの情景を描いているが、このフレーズは津久見駅を思い浮かべ、書いたとされる。

 津久見駅は昨年10月から、特急列車の発着に合わせてホームに「なごり雪」を流している。記念碑もJR九州大分支社が建てた。高さ1・1メートル、幅2メートル、奥行き0・8メートルの石灰岩製で、歌詞のフレーズと詩が別々のプレートに記されている。

 詩は、ホームに歌を流すことを決めた時、伊勢さんから小学校の同級生を通じて寄せられた。「線路の先にはロマンがある 日本中……どこか誰かと、繋(つな)がっている 思えばあの日ここから僕の夢は旅立ったのです ホームと言えば心の奥深くいつもこの景色があるのです」とつづられている。



かぐや姫関連の記念碑は、「神田川」の石碑に続いて、これで二つ目になるのかな?

かぐや姫スポット、これからも増えるといいですねー!

関連ページ: BS朝日 - うたの旅人 -「なごり雪」
[ 2010/03/13 16:18 ] 伊勢正三 | TB(0) | CM(1)

いい話ですね

「ホームと言えば心の奥深くいつもこの景色があるのです」

きっと誰にもそれぞれの駅があると思います
正やんの心の駅の景色もいつか見に行きたいです

[ 2010/03/17 11:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://k3.blog5.fc2.com/tb.php/346-f66d6af9






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。