スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『旧友再会フォーエバーヤング・コンサート・ライブ』のCDが発売!

foreveryoung.png

旧友再会フォーエバーヤング・コンサート・ライブ+3

1. 旧友再会フォーエバーヤング 2. 岬めぐり 3. 僕の胸でおやすみ 4. そして9月 5. 黄色い船 6. 雪(猫) 7. 僕の庭(猫) 8. 地下鉄に乗って(猫) 9. 猫の寝言(高田渡) 10. 落陽 11. 旧友再会フォーエバーヤング
ボーナストラック:12. 林檎の樹 13. 伽草子 14. まにあうかもしれない

日本コロムビアより、“山本山田”の『旧友再会フォーエバー・ヤング・コンサート・ライブ』が、2月20日リリース予定。

「旧友再会フォーエバーヤング」は、2006年つま恋コンサートのオープニングで、吉田拓郎とかぐや姫が一緒に演奏した曲ですが、これは元々、山田パンダと山本コータローのユニット“山本山田”のために拓郎さんが書き下ろした作品で、1982年6月1日にシングル発売。のちに、拓郎さん自身もセルフカバーしています。

山本山田のシングル発売を記念して、1982年6月に渋谷エッグマンで開催されたのが、旧友再会フォーエバー・ヤング・コンサート。このイベントに参加したミュージシャンは、以下のとおり。

南こうせつ、伊勢正三、ふきのとう、石川鷹彦、小室等、久保田早紀、イルカ、なぎら健壱、高田渡、かまやつひろし、杉田二郎、猫、BUZZ、アルフィー、杏里、吉田拓郎

この豪華メンバーによるライブ音源の一部が、1982年12月にLPとしてリリースされました。そのアルバムが、30年の時を経て、CDで復刻!!

しかも、貴重なボーナストラックつき!

パンダフルハウス解散後も日本コロムビアに在籍していたパンダさんが、1981年10月1日にソロ名義で出したシングル「伽草子 / まにあうかもしれない」(いずれも吉田拓郎のカバー)。さらに、1982年6月1日に発売された山本山田のシングル「旧友再会フォーエバーヤング」のB面曲「林檎の樹」の、合計3曲が追加。これで「+3」とゆーわけです。

心憎いばかりの復刻音源リリース。日本コロムビアさんに感謝!
この頃の作品は持ってないので、私もとても楽しみです!o(^▽^)o
ah217j.jpg
[ 2012/12/17 04:11 ] リリース情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://k3.blog5.fc2.com/tb.php/365-cf92c40c






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。