ヒロシマ60

パンフ表紙政治的なメッセージを訴える70年代フォークの流れにあって、平和や反戦を訴える音楽活動を行わなかったグループ、かぐや姫。

その彼らが、広島原爆60周年を迎えた2005年8月6日に再集結し、平和・反核をテーマにコンサートを行った。かぐや姫が平和コンサート?…正直、違和感もあったけど、こうせつさんの趣旨にパンダさんも正やんも賛同し、集まってみればそこにはやはり、日本一ハッピーなバンド・かぐや姫の姿があった。好きな歌を生で聞ける幸せ、皆で一緒に歌える幸せを感じつつ、静かで熱くて楽しい一夜を過ごした。

――これからも時々、平和について語り合う機会を持とうよ。我々は、唯一の被爆国・日本の国民として、戦争の悲惨さを永久に語り継がなければならない。継承することの大切さをより強く、より大きな声で訴えるため、こうせつさんは自らが率いる最強のユニットとして、かぐや姫を召還した。月太郎はそう理解しています。かぐや姫、ありがとう!

関連リンク:
  • かぐや姫 ヒロシマで平和の歌 (デイリースポーツ)
  • かぐや姫「平和」願い再結成 (スポーツニッポン)
  • かぐや姫5年ぶりに再結成…広島市で平和を願い熱唱 (サンケイスポーツ)

    【かぐや姫・第一部】おまえが大きくなった時
    1. 22才の別れ

    2. 黄色い船
    3. そんな人ちがい
    4. おはようおやすみ日曜日
    5. 置手紙
    6. 加茂の流れに
    7. 星降る夜
    8. 僕の胸でおやすみ
    9. この季節が変われば
    10. うちのお父さん
    11. 雪が降る日に
    12. こもれ陽

      ~ 休憩15分 ~

    【森山良子】
    1. この広い野原いっぱい
    2. 涙そうそう (with 伊勢正三)
    3. さとうきび畑
    4. マザーアース
    5. 星に願いを

    【かぐや姫・第二部】 (バックバンド:細井豊、佐久間順平、藤井玉緒)
    1. 遙かなる想い
    2. アビーロードの街
    3. 眼をとじて
    4. けれど生きている
    5. 上を向いて歩こう (大友康平 with かぐや姫)
    6. 君がよければ
    7. ひとりきり
    8. ペテン師
    9. マキシーのために
    10. あの人の手紙
    11. 神田川
      ――――――――――
    12. なごり雪
    13. おまえが大きくなった時
      ――――――――――
    14. 風に吹かれて (with 森山良子 & 大友康平)
      ――――――――――
    15. おもかげ色の空
    [ 2005/08/08 02:30 ] イベント | TB(1) | CM(3)

  • ホントだっ

    日本一でした(^_^;)。

    羨ましいな・・・私も一緒にハッピーになりたかった!
    [ 2005/08/11 14:58 ] [ 編集 ]

    来年のつま恋で一緒にハッピーじゃ!
    [ 2005/08/13 16:31 ] [ 編集 ]

    まあ、R・ストーンズが「スウィートネオコン」なんて曲を歌う時代ですから。
    [ 2005/08/23 21:29 ] [ 編集 ]

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://k3.blog5.fc2.com/tb.php/43-596a3592


    ヒロシマ60「かぐや姫」

    8月6日の広島に行って参りました。朝早く大分を出て、広島入りしたのは11時半、原爆の日の広島市を散策。駅前に戻り、一枚目のお好み焼きを食べる(笑)。天気はすごい晴天。60年前にもこんな日差しだったんだろうか? 早めにホテルにチェックインし、シャ
    [2005/08/08 16:12] URL KEN'S DIARY