スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

季節の言葉に「なごり雪」

梶原しげる:【273】 NHKの正しい日本語「放送用語」さえ変えてしまう「流行歌」のスゴイ力

梶原「良い曲ですねえ。ところで、日本気象協会が募集した新しい季節の言葉36選、3月の三つの中にこの<なごり雪>が選ばれたってご存知でしたか?」

伊勢「ものすごくうれしかった! 実はこの曲を発表した当時、なごり雪、という言葉についてちょっとした問題提起がなされました。粉雪、細雪はあっても、なごり雪、などという雪も言葉も存在しない。勝手にこんな言葉を作られては日本語の乱れを助長する。「名残の雪」に変えたらどうだとまで言われたんです。作り手としては<の>はどうしても入れたくなかった。曲はヒットしましたがモヤモヤは残りました。あれから40年近くたって気象協会の<季節の言葉>に選ばれたと聞き、胸のつかえが下りた気分です……」

 季節の言葉36選を選ぶ側の一人として、私は選考過程を知っているが、歌人、国語学者、暦学者など、専門も年齢も様々な委員達で「日本語として問題だ」と「なごり雪」に異を唱える人は誰もいなかった。

 長きにわたり多くの人に歌い継がれるうち「なごり雪」はすっかり「適切な日本語」としての地位を築き上げた。「流行歌の力」はスゴい、と思った。



2013年3月に選定された「季節の言葉36選」のことは知らなかったんですが、1月に初詣、2月にバレンタインデー、とくる流れの中に「なごり雪」。当初は違和感もあった「なごり雪」というフレーズが長い年月を経て、季節を感じさせる言葉として定着してきた実感はもちろんありましたが、ここでは日本を代表する風物詩として選ばれたわけですからね。この言葉を生み出した正やんの感性と、40年を経た現在も色あせることのない「なごり雪」という作品が持つ叙情性があってこその快挙だと思います。

今日は正やんの誕生日。伊勢正三さん、おめでとうございます!
[ 2013/11/13 22:24 ] 伊勢正三 | TB(0) | CM(0)

かぐや姫と風の全アルバム、紙ジャケBlu-specCDで再発

かぐや姫の6作品と風の5作品、合計11作品が「Blue-spec CD2」という形式で、5月8日に発売されます。

◎紙ジャケット
◎最新マスタリング
◎ブルースペック2仕様
◎生産限定盤





これらの作品の紙ジャケット仕様はすでに、ボックスセット『かぐや姫メンバーズ大全集』(2001年発売、現在は廃盤)で実現しており、そちらで大枚はたいた自分としては食指が動きません。ちなみに、最初のリマスターは2007年にリリースされました。

マスタリングと Blue-spec CD2 仕様により、音質向上しているようですが……
[ 2013/04/08 00:00 ] リリース情報 | TB(0) | CM(1)

パンダフル・ハウスもCD化!

settledown.jpg

Settle Down +6

先日お伝えした『旧友再会フォーエバーヤング・コンサート・ライブ +3』と同じく2013年2月20日に、日本コロムビアからリリースされたパンダフル・ハウスのセカンドアルバム『Settle Down』が発売されます!

ユーミンが作曲を担当した意欲作「風ぐらし」を収めた1979年のアルバム。こちらも、オリジナルLPの10曲に、パンダフル・ハウスのシングル3作のA面・B面をボーナストラックとして追加して「+6」で、全16曲入り。

パンダさん関連のCD音源は、CD22枚組ボックス『メンバーズ大全集』に入っていた山田パンダソロアルバム2作などがありましたが、パンダフル・ハウス音源のCD化は今回が初めてではないでしょうか?
(追記:シングル「風ぐらし」は、オムニバス盤CDに収録されたことがあります)

とにかく、ここまでやってくれたら、かぐや姫ファンとして日本コロムビアさんには文句のつけようがありません。これに対抗して日本クラウンも、前期パンダフル・ハウスの音源などを復刻してほしいものです。
[ 2012/12/28 01:21 ] 山田パンダ | TB(0) | CM(0)

『旧友再会フォーエバーヤング・コンサート・ライブ』のCDが発売!

foreveryoung.png

旧友再会フォーエバーヤング・コンサート・ライブ+3

1. 旧友再会フォーエバーヤング 2. 岬めぐり 3. 僕の胸でおやすみ 4. そして9月 5. 黄色い船 6. 雪(猫) 7. 僕の庭(猫) 8. 地下鉄に乗って(猫) 9. 猫の寝言(高田渡) 10. 落陽 11. 旧友再会フォーエバーヤング
ボーナストラック:12. 林檎の樹 13. 伽草子 14. まにあうかもしれない

日本コロムビアより、“山本山田”の『旧友再会フォーエバー・ヤング・コンサート・ライブ』が、2月20日リリース予定。

「旧友再会フォーエバーヤング」は、2006年つま恋コンサートのオープニングで、吉田拓郎とかぐや姫が一緒に演奏した曲ですが、これは元々、山田パンダと山本コータローのユニット“山本山田”のために拓郎さんが書き下ろした作品で、1982年6月1日にシングル発売。のちに、拓郎さん自身もセルフカバーしています。

山本山田のシングル発売を記念して、1982年6月に渋谷エッグマンで開催されたのが、旧友再会フォーエバー・ヤング・コンサート。このイベントに参加したミュージシャンは、以下のとおり。

南こうせつ、伊勢正三、ふきのとう、石川鷹彦、小室等、久保田早紀、イルカ、なぎら健壱、高田渡、かまやつひろし、杉田二郎、猫、BUZZ、アルフィー、杏里、吉田拓郎

この豪華メンバーによるライブ音源の一部が、1982年12月にLPとしてリリースされました。そのアルバムが、30年の時を経て、CDで復刻!!

しかも、貴重なボーナストラックつき!

パンダフルハウス解散後も日本コロムビアに在籍していたパンダさんが、1981年10月1日にソロ名義で出したシングル「伽草子 / まにあうかもしれない」(いずれも吉田拓郎のカバー)。さらに、1982年6月1日に発売された山本山田のシングル「旧友再会フォーエバーヤング」のB面曲「林檎の樹」の、合計3曲が追加。これで「+3」とゆーわけです。

心憎いばかりの復刻音源リリース。日本コロムビアさんに感謝!
この頃の作品は持ってないので、私もとても楽しみです!o(^▽^)o
[ 2012/12/17 04:11 ] リリース情報 | TB(0) | CM(0)

『リンカーン』に伊勢正三!

7月3日、TBSテレビ『リンカーン』の、「激論!朝までそれ正解」というコーナーで、
「『い』で始まる、お母さん役が似合う女優は?」というお題に対し、

答えが思い浮かばない松っちゃんが「伊勢正三しか出えへん!」と軽いボケ。

lincoln01.jpg

画面には、正やんのイラストまで(笑)!

浜ちゃんが「オッサンやし!」とツッコんでました。

lincoln02.jpg
[ 2012/07/08 23:23 ] 伊勢正三 | TB(0) | CM(2)

イルカのアルバムに南こうせつ参加!

イルカさんのアルバム『ほのぼの倶楽部』が、7月4日にリリースされます。

イルカ - ニューリリース|日本クラウン株式会社 クラウンレコード

40周年記念アルバムの第三弾となる『ほのぼの倶楽部』には、こうせつさんも参加!

四十周年記念アルバム第三弾「タイトル未定(?_?)」レコーデイングその2 なんと!こうせつさん参加で・・・これは、凄い事になったぞよ!!(イルカ公式サイト)

1999年にNHK「みんなのうた」でオンエアされた、こうせつ&イルカの共作「りんごの木の下で」を再録音したバージョンが収録される模様。

こうせつさん以外にも、西岡たかし、知久寿焼(元「たま」)、石川鷹彦といった豪華ゲスト。荒木一郎さんが提供した作品も。

[ 2012/07/03 01:45 ] 南こうせつ | TB(0) | CM(0)

パンダさんのインタビュー記事も連載開始!

panda_schooldays.jpg読売新聞の「青春グラフィティー」と題したインタビュー記事、正やん、そして前回のこうせつに続いて、山田パンダさんも登場です!

曲を書いた、プロデュースもした。そして今…山田パンダさん(1) : 青春グラフィティー : 生き方!私流 : 新おとな総研 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

成績は首席、生徒会長もこなしてモテモテだったという中学時代に続いて、あの「こもれ陽」は、高校時代の失恋から生まれた作品だったというエピソード。

「高1の女の子に憧れて、筑豊から山を越えて福岡のスケートリンクに彼女を誘って、当日は朝からそわそわドキドキで、待ち合わせのバス停に行ったら、待望の彼女は来てくれたけど弟も一緒だった。もうがっかり。彼女と手をつないでスケートしてるけど、弟が常に付いてくる。『山田さんは友達以上ではない』って言われたの」



福岡のスケートリンクって、香椎スポーツガーデンかなぁ?
嘉穂劇場でのふるさとライブ(2006年)でも、そんな話を聞いたような。でもすっかり忘れてた。

こうせつさんの記事も、大変興味深いネタが多かったので、今回のパンダさんも楽しみです。
[ 2012/03/02 23:32 ] 山田パンダ | TB(0) | CM(0)

ぽいぽいぽいぽぽいぽいぽぴー

南こうせつさん、お誕生日おめでとうございます!

63歳になっても元気いっぱいのこうせつさん、なんと、あやまんJAPANの本『あやまんJAPON』(2011年12月発売)の中で、あやまんJAPANと対談しているそうで。

ayamanxkosetsu.jpg

あやまん特別対談:あやまんJAPAN×南こうせつ

南は彼女たちのことを『古事記』に登場する天の岩戸のようだと評価。岩戸の中に隠れてしまった天照大御神を外に引っ張りだすため、岩の外で大騒ぎをする、あやまんJAPANはそんな存在だと南は語る。


共同通信の記事より)

まったく意外としか思えない、この組み合わせ。でも、こうせつさんの日頃のハイテンションや、何かに憑依されたような即興芸を思うに、意外と、あやまんJAPANの芸風と共通点があるのかも?
(今年のグリパラに呼んだりして…)

勇気興味がある人は、本を買って読みましょう!

明けまして南こうせつさん|あやまんJAPANオフィシャルブログ

[ 2012/02/13 07:00 ] 関連情報 | TB(0) | CM(2)

あけおめ!

今年の初詣では、かぐや姫の再結成を祈願してきました。

さて現在、こうせつさんのインタビュー記事が、読売新聞で連載中。ウェブでも読めます。

自然の中で暮らす生粋のフォークシンガー…南こうせつさん(1)
横文字じゃないグループ名を…南こうせつさん(2)
キャバレーでもフォークを演奏、受けなかった…南こうせつさん(3)

第3回で、第2期かぐや姫を結成した頃まで。今まであまり聞いたことのないエピソードもあり、これからの展開が楽しみです。(関連:昨年の正やんの記事=全8回)

それから、「神田川」でブレイクしたかぐや姫が、NHK紅白歌合戦への出演を固辞したエピソードについて、こうせつ本人のコメント。ここでは、歌詞の「クレパス」を「クレヨン」に変えろと要請された件(記事には書かれている)には触れてないのが不思議なんですが……。

NEWSポストセブン|南こうせつ 紅白歌合戦を「畏怖の念あった」と出場固辞した

ぼくのなかには紅白歌合戦に対して、すごい畏怖の念がありました。(中略)“TシャツにGパン姿のぼくなんかが、まだ出てはいけない”という特別な意味がありました。



今年の3月に、正やんが、中村雅俊さん、松山千春さんと共に、東日本大震災の被災地支援の為にコンサートを開催することになりました。宮城県出身の中村さんが、二人に呼びかけたようです。詳しくは、公式ページで!

3.11復興応援コンサート「あの日をわすれない」

お次は、パンダさんネタ……
[ 2012/01/22 23:07 ] 関連情報 | TB(0) | CM(0)

「青春」シングルバージョンが再びCD化!

先日ネットでふと目にした、『かぐや姫ベスト』(CRC-1606)というCD。



2011年8月20日に発売された模様。12曲入りで、定価1,680円。
「ジャケットの写真が珍しいな~」と思って見てみると、曲順も興味深くて……

  1. 青春
  2. 田中君じゃないか
  3. 僕は何をやってもだめな男です
  4. 僕の胸でおやすみ
  5. 神田川
  6. 赤ちょうちん

  7. あの唄が想い出せない
  8. おはようおやすみ日曜日
  9. 湘南 夏
  10. 遙かなる想い
  11. 青春の傷み


1曲目「青春」から7曲目「妹」まで、かぐや姫のシングル曲がリリース順に並んでるんですよ!

こんなCD、初めて見たかも。そーなると、もしや1曲目の「青春」は……と思い、ダメ元で買ってみたところ、やはり!
[ 2011/09/10 01:06 ] リリース情報 | TB(0) | CM(4)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。